サステイナビリティ

サステイナビリティとは、社会的、環境的、経済的な問題のバランスを取りながら組織として判断を下すことで、長期にわたって持続する事業を構築することを意味します。これにより、HSBCは持続的かつ商業的に実現可能な成長を促進することができます。

1865年の設立以来、HSBCは変化し続ける世界のニーズに適応し、貢献してきました。経済成長に関する融資や国際貿易の促進を行い、経済危機などの出来事を克服してきました。HSBCは、政府、企業、金融システム、市民社会のいずれもが、気候変動やサステイナビリティの課題に関する利害関係者であると認識しています。

すべてにおいて長期的な繁栄を実現するためには、技術、ビジネス革新、低炭素ソリューションの開発がかつてないほど求められています。HSBCにとって、これらの項目は当社が影響を与えうる持続的成長の重要な要素であると考えます。

  • ファイナンスのサステイナビリティ

    HSBCは、世界有数の金融グループの1つとして、低炭素社会への移行をリードするグローバル・パートナーとなることを目指しており、2025年までに、サステイナビリティ分野への融資および投資に1,000億米ドルを当てることを表明しています。当社自身の事業効率性を向上させることも取り組みの1つであり、再生可能資源による電力の利用率を2030年までに100%とすることを目標としています。

  • ネットワークと起業家精神のサステイナビリティ

    持続的な成長は、弾力性と信頼性を備えた国際貿易ネットワークによって支えられています。HSBCは、企業パートナーやNGOと協力して環境と人権を保護するビジネスの実践をサポートするとともに、新たな企業の台頭や成長を支援しています。

  • 将来的なスキル

    世界が急速に変化し続ける中、職務遂行能力と金融リテラシーがこれまでになく重要になっています。HSBCは、グローバル経済での成功に必要な金融に関する能力と職務遂行能力をお客様、コミュニティ、従業員が向上できるよう、サポートを行っています。

HSBCのサステイナビリティへの取り組みの成果と活動の詳細については、HSBCウェブサイト   でご覧いただけます。英語のみでのご提供です。

当社は、低炭素社会への移行に向けて主導的な役割を果たすことを望んでいます。

John Flint, HSBCグループ・チーフ・エグゼクティブ