サステイナビリティ

1865年の設立以来、HSBCは変化し続ける世界のニーズに適応し、貢献してきました。経済成長に関する融資や国際貿易の促進を行い、経済危機を乗り越えてきました。HSBCは、業務を展開する地域社会への広範な責務を認識し、経済成長もまた持続可能でなければならないと理解しています。

現在、HSBCのサステイナビリティへの取り組みは、サステイナブル・ファイナンス、持続可能なサプライチェーン、職務遂行および金融に関する能力向上という3つの主要分野をターゲットとしています。 

  • サステイナブル・ファイナンス
    HSBCは、低炭素社会への移行を金融面で支援し、実現に努め、方向性を示すリーダーとなることを目指しています。この目標に向けて、2025年までにサステイナブル・ファイナンスとサステイナブル投資に1,000億米ドルを拠出する方針を表明し、一連の取り組みを打ち出しています。HSBC自体の事業効率性を向上させることも取り組みの1つであり、再生可能資源による電力の利用率を2030年までに100%とすることを目標としています。
  • 持続可能なサプライチェーン
    HSBCは、お客様、NGO、その他の主要な関係者とのパートナーシップを通じて、世界のサプライチェーンにおける責任ある事業運営を推進しています。

    お客様が、環境に対するサプライチェーンの影響を軽減できるようにサポートするとともに、中小企業の持続可能な成長を促進することを目指しています。
  • 職務遂行および金融に関する能力向上
    世界が急速に変化し続ける中、職務遂行能力と金融リテラシーがこれまでになく重要になっています。HSBCは、現代社会における成功に必要な金融に関する能力と職務遂行能力をお客様、地域社会、従業員が向上できるよう、サポートを行っています。

HSBCのサステイナビリティへの取り組みの成果と活動の詳細については、HSBCウェブサイト   でご覧いただけます。英語のみでのご提供です。