HSBCの戦略

HSBCは世界有数の国際的な金融機関であり、成長著しい市場への卓越したアクセスと健全な財務体質を強みとしています。

HSBCの戦略は、これらの強みに基づいて、金融サービス業界に影響を及ぼす以下の長期的なトレンドから利益を生み出すことを目的としています。

  • 貿易、金融、データのグローバルな流れが増大し続ける中、世界はますます緊密化することが予想されます。
  • 世界の中間層は、主にアジア地域でさらなる増加が見込まれています。
  • 低炭素経済への移行をサポートするため、世界全体で多額の投資が求められています。

HSBCグループの顧客収益の50%以上は、国際的企業のお客様によるものです。アジア、中東、および中南米の発展著しい市場へのアクセスは、HSBCにとって長期的な成長への足がかりとなっています。また健全な財務体質は、安定的な配当を継続するための優れた基盤となっています。

2018年6月には、HSBCにおける大転換期の終了、そして再び成長にフォーカスする戦略の概要を発表しました。HSBCは、顧客数の増加、市場シェアの拡大、売上および利益の増大を目指します。同時に、技術への投資などによる将来的な競争力の向上に取り組んでまいります。

さらに詳細なHSBCの戦略  については、HSBCのウェブサイトをご覧ください。英語のみでのご提供です。