日本におけるHSBC

HSBCは、1866年に横浜に支店を開設し、最も古くから日本で事業を行ってきた外国金融機関の1つです。歴史や現在提供しているサービスについてはこちらをご覧ください。

現在、HSBCは日本国内において、資産運用、商業銀行業務、貿易サービス、プロジェクト・輸出ファイナンス、キャッシュマネジメントおよび為替、資本市場、証券関連サービス、カストディサービスなど、幅広い金融商品やサービスを提供しており、東京と大阪に支店を構え、法人のお客様向けにサービスを提供しています。

国内のHSBCグループ会社

HSBC in Japan 主要メンバー

歴史

1850年代に日本と欧米の主要貿易国との間で商業条約が締結された影響で、変化する日本経済を支える銀行サービスが必要とされていました。そこでHSBCは、1866年に最初の事業拠点を横浜に設置し、これに続く1869年に神戸、1872年に大阪、1896年には長崎にも支店を開設しました。

日本が取引地域を世界に拡大するのに伴い、HSBCはその資金調達を支えてきました。日本の海外取引規模は、1860年代から20世紀初めにかけて10年ごとに倍増しました。

さらに、HSBCは、日本政府が円を自国通貨として採用するにあたって、政府に支援と助言を行いました。日本政府は1879年、HSBC銀行横浜支店が銀貨を通貨として受け入れることを条件として、30万円を預金しています。

20世紀初頭、HSBCは、多数の日本向け大型融資に携わり、日本政府および国内都市に総額2億5,000万英国ポンドを貸し付けています。これらの融資は、鉄道、水道設備、港湾施設の建設をはじめとする産業およびインフラ整備事業の資金として活用されました。

1923年の関東大震災で横浜支店が倒壊した後、1924年に香港上海銀行東京支店を開設しました。

HSBCは、第二次世界大戦の終結後、最初に日本に代表者を派遣した銀行の1つで、1947年に東京と神戸での営業を再開しました。HSBCは、与信枠を2,000万英ポンドに拡大することに同意し、日本と英国領地域の貿易再開に大きく貢献しました。

お問い合わせ
香港上海銀行
電話: 03-5203-3000(月曜日から金曜日の9:00AM~5:00PM) 

東京支店
〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目11番1号 HSBCビルディング

東京支店へのアクセス

Map of location of HSBC Tokyo Branch

JR東京駅: 徒歩8分
日本橋駅: 徒歩5分
(地下鉄東西線/銀座線/都営浅草線)

大阪支店

〒530-0005 大阪市北区中之島3丁目3番3号 中之島三井ビルディング7階

HSBC証券会社

電話: 03-5203-3111(月曜日から金曜日の9:00AM~5:00PM)  

HSBC投信株式会社

電話: 03-3548-5690(月曜日から金曜日の9:00AM~5:00PM)  

海外のHSBCに個人口座をお持ちのお客様: 2012年2月、HSBCグループは日本国内のHSBCプレミアサービス事業からの撤退を発表しました。これにより、HSBCの国内支店では、HSBCの海外個人口座をお持ちのお客様へのサポートサービス(海外支店での口座開設支援サービスを含む)を提供できなくなりました。海外個人口座についてご質問がある場合は、該当する地域のHSBC海外支店に直接お問い合わせください。

受賞歴